歯周病

咬み合わせを整え、歯周病の再発や悪化を防ぎます

ブラッシング指導

「歯ぐきから血が出る」「歯周病で歯を失いたくない」……多くの方が悩まれる歯周病は、歯を失う第一の原因です。初期の頃は自覚症状がほとんどなく、歯ぐきの腫れや口臭、歯のぐらつきなどを感じる頃にはかなり進行しているという、とても怖い病気です。

歯周病は、歯と歯肉の間にある歯周ポケットなどに歯垢(プラーク)が溜まり、菌が繁殖することで歯肉に炎症を起こすことから始まります。さらに、咬み合わせに不具合があると歯周病が悪化していくことがわかっています。

歯周病は、根気強い治療でお口の中を改善していくこと、治療後も徹底した予防で再発を防ぐことが重要です。当院では、プラークコントロールと咬み合わせの改善により、確実な予防をご提案していきます。

当院の歯周病治療

スケーリング

歯のクリーニング

歯と歯の間や歯周ポケットに付着している歯垢(プラーク)や歯石を、専用の器具で徹底的に除去します。これらを除去することで歯ぐきが引き締まり、歯周病の進行を抑えることができます。また、歯周ポケットの奥深くにこびりついた汚れを取るSRP(スケーリング・ルートプレーニング)を行うこともあります。

高度で専門的な歯周病治療にも対応

重度の歯周病の場合、1〜2回の集中的な治療でお口の中の歯周病菌を除去するFMD(フルマウスディスインフェクション)や、GTRやエムドゲイン法などの歯周組織再生治療、歯周病で大きくあごの骨が溶かされたケースについては骨移植や歯ぐき移植といった歯周外科治療にも対応します。

歯周病の進行具合と治療方法

軽度歯周病

軽度歯周病

歯周ポケットに歯垢(プラーク)が溜まり、そこに歯周病菌が繁殖し、歯肉が軽く腫れたり出血したりする状態。お口の中の状態や咬み合わせを診査・診断した後、歯科衛生士によるクリーニングとブラッシング指導を行います。

中等度歯周病

中度歯周病

口臭や出血もひどく、歯石がかなり目立つ状態。歯周病菌によって骨が後退を始め、歯周ポケットも深く歯がぐらついた状態になります。歯の表面や歯周ポケットの歯石を取り、歯肉の状態が改善します。必要に応じて歯周外科治療も行います。

重度歯周病

重度歯周病

歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊され後退した状態。歯のぐらつきも大きくなります。症状によっては歯周外科、骨移植、歯ぐき移植などの治療が必要です。治療しても改善がみられない場合、残念ながら抜歯となります。